docomoとアハモを比較した結果不向きな人もいる?その理由とは

最近docomoとは別にオンライン限定のプランでアハモが登場しました。どちらがよいか比較したいと思う人も多いのではないでしょうか。

docomoもアハモもどちらもメリットやデメリットがあります。大きく分けると価格が安い方を取るか、サービス取るかの2択になります。

安いからとahamoへ移行すると使い方がわからず、使えなくなってしまったという事にもなりかねないため、ぜひ読み進めてみてください。

(アイキャッチ画像:https://www.pakutaso.com/photo/42081.html)

docomoとアハモを比較する上考えたいこと

ドコモとahamoの大きな違いとは

ドコモ

  • 大容量プラン(ギガホプレミア〜60GB)
  • 小容量プラン(ギガライト〜7GB)

アハモ

  • 中容量プラン(20GB)

ドコモとahamoの違いについて説明すると、ドコモではスマホのデータをあまり使わないか、多く使う人がおすすめです。

対してahamoは20GBのプランの1択であり、ドコモの小容量プランであるギガライトの1〜7GBでは足らず、20GB未満使う人におすすめです。

使うデータ量によっておすすめが違うため、スマホのデータ量を月にどのくらい使うのかで比較することが大切です。

 

アハモはオンライン専用プランなのでdocomoよりサポートが劣る

(出典:https://www.pakutaso.com/photo/14151.html)

Ahamoではドコモと違い、専用サイトからのチャット相談のみの受付であり、電話対応やドコモショップなどの店頭サポートが有料となっています。

ドコモのサポートと違い、通信の事やスマホの不具合などで聞きたい場合も、オンラインチャットがメインとなってしまうため、サポート面が大きく変わります。

 

docomoとアハモとの比較 docomoのメリット

ドコモのメリット
  • キャリアメールが使える
  • ファミリー割引で無料通話が使える

ドコモだと@docomo.ne.jpのアドレスが使えることがメリットです。最近ではGmailなどのフリーアドレスに移行している人も多いかと思います。

しかし両親がまだガラケーを使っているなど、Gmailに移行できない人がいる場合、キャリアメールが使えることはメリットとなります。

またahamoの場合はファミリー割引対象外となってしまうため、無料通話ができません。

 

docomoとアハモの比較 docomoのデメリット

ドコモのデメリット
  • 月々の使用料金が高い
  • オプションがいっぱいある

ドコモはahamoと比べて基本料金が高いため、月々の固定費が1万円超えるような状況の人も多いのではないのでしょうか。

ギガライトというドコモで一番安いプランでも、月々3465円もかかってしまいます。データ量をあまり使わないとしても維持費が高いため、価格の面ではデメリットとなります。

また、スマホを購入する時に様々なオプションがあり、自分に合ったオプションがわからずに色々加入させられて、結果オプションを使っていないのに高くなってしまいます。

オプション体型の複雑さも問題としてあるため、ドコモを契約する上でのデメリットとなりうるでしょう。

 

docomoとアハモの比較 アハモのメリット

ahamoのメリット
  • 月20GBつかっても値段が安い
  • docomoの通信品質で使える
  • 海外ローミングが使える

Ahamoの場合は、月々2980円で20GBのデータ容量と1回につき5分までの無料通話がついているワンプランとなります。

そのため、ドコモのギガライトと比べて値段も安く、20GBも使えるといったことがメリットとなります。

格安SIMと違いドコモの通信品質は保たれているため、昼時に速度が落ちすぎるといった問題も生じにくいので安心して使えます。

また旅行や出張などで海外へ行く場合でも、追加料金不要で20GBのデータ容量を使うことができるため、現地で余計な出費を抑えることができます。

 

docomoとアハモの比較 アハモのデメリット

ahamoのデメリット
  • ファミリー割引が使えない
  • キャリアメールが使えない
  • オンライン対応となる

Ahamoがデメリットとなるのはドコモのサービス内容が主なポイントです。

ファミリー割引を組んでいる家族同士で無料通話で近況を話たりなどをつかっている人は、ahamoへ移行した場合に無料通話が利用できなくなります。

家族がドコモ契約者のままであれば、家族から受けた電話であれば無料通話の対象ですが、ahamo契約者からの発信では無料でなくなるため注意が必要です。

また、キャリアメールが使えなくなってしまうため、@docomo.ne.jpでやり取りしている人がいれば別のアドレスに移行する必要があります。

サポート面では、主に専用サイトからのチャット相談がメインであるため、電話でのサポートなどができない点がデメリットとなります。

 

アハモは機種変更もできる

(出典:https://www.pakutaso.com/photo/11893.html)

Ahamoなどのオンライン限定プランでは登場した当初、iPhone11やGalaxy S20など一部の機種しか機種変更ができませんでした。

しかし現在ではahamo契約でもドコモオンラインショップの中から選ぶことができるようになりました。

スマホは最新の機種を使いたいけど、通信費などの固定費や安くしたいといった人でもおすすめです。

 

アハモがおすすめできない人

(出典:https://www.pakutaso.com/photo/43749.html)

こんな人はahamoに不向き
  • わからないことがあったらすぐに直接聞きたい人
  • 機種変更をする時に自分で決められない人

ドコモとアハモの違いを説明してきましたが、料金やサービス以外にも、このような特徴がある人はおすすめしにくいので紹介します。

サポートがオンライン専用であり、専用サイトからチャット経由で接続するため、電話で担当者とやりとりしたい人には不向きです。

またオンラインショップにて機種変更は可能ですが、自分の使用用途に合わせたスマホを選ぶことができない人はドコモの方がおすすめです。

オンライン限定であるため、プランの選択や困った時の対処など、チャット経由で解決できる人でないとハードルが高いプランとなります。

 

スマホをあまり使わないのなら格安SIMもおすすめ

格安SIMの中でもOCNモバイルがおすすめな理由
  • 月々がドコモよりも安い
  • オプションで初期設定なども電話でサポートしてくれる
  • ドコモの回線を使用している

スマホを連絡手段としてしか使っていなく、価格を安くしたいのであれば、格安SIMの中でもOCNモバイルがおすすめです。

1GBなら月々770円と安い価格設定や、オプションにて電話サポートも行っているため、スマホ初心者にもおすすめしやすいです。

OCNモバイルの大元はNTTコミュニケーションであり、ドコモの回線を使用しているため、格安SIMの中でも通信品質が保たれてるのもおすすめな理由です。

 

まとめ

docomoとアハモを比較した結果不向きな人もいる?その理由とはまとめ
  • ドコモはサポートや多くのデータ量を使いたい人にメリットがある
  • ahamoはオンライン専用であり、キャリアメールやファミリー割引に依存しない人向け
  • ドコモより価格が安く、サポートも受けたい場合はOCNモバイルがおすすめ

ドコモは電話や店頭でのサポートなどを受けたい人や、20GB以上のデータ量を外でも使う人におすすめなプランが用意されています。

それに対し、ahamoではオンライン専用であるため、キャリアメールやファミリー割引などを省く代わりに価格が安く使うことができます。

専用サイトでチャット相談ができる人であれば問題ありませんが、スマホの不具合や設定方法を直接聞きたい人などは不向きです。

スマホをあまり使っていないため、ドコモより安くしたいということであれば、OCNモバイルがおすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です